シミを消す化粧品の効果とは?!

シミ消す化粧品 > 

シミを消す化粧品で美白対策をしよう!

シミ対策で美白をしたい女性がいると思いますが、どのようにすれば良いか悩んでいませんか?ここでは、ビタミンC誘導体で美白対策をする方法をご紹介いたします。

美白のお手入れは、いろいろな種類がありますが、一般的はお肌質の
女性ならばビタミンC誘導体配合の化粧品がお薦めです。
1つの成分で2つの美白効果があるからです。

その効果とは<紫外線ブロック効果>と<黒くなったシミを除去する効果>です。

比較的料金もリーズナブルで質の良いものが配合されているのもありがたいです。
美白目的でスキンケア商品を揃えるならば、ビタミンC系のものから手を付ける
のが良いでしょう。

では、敏感肌や乾燥肌の人たちはどのような美白化粧品を使えば良いのでしょうか? 美白化粧品ではお肌が荒れてしまったり炎症を起こす可能性があります。
優れた美白成分が配合されていても、無添加の化粧品であっても敏感肌の
女性には刺激がきつすぎたりします。

とりわけ化粧水など水分で作れているものはお肌にも浸透しやすいですから、
刺激にもなりやすい特徴があります。
安全なのものはクリームや乳液タイプの化粧品で取り入れることです。

乳液タイプの化粧品はお肌への刺激がソフトで美白を望む敏感肌の女性にも
使いやすいと思います。

「高級クリームを週に一度だけつけていればOK」なんて記事を見かけたりします。
しかしながら、たった一度だけで大きな期待をすることはできません。
美白をしたいならば、週に一度だけの高級クリームは勿体ないだけですから
やめましょう。

お肌は毎日生まれ変わっているのですから継続することが大切になります。
高級クリームには凄い威力がありますが、一週間に一度では美白に関しては
一時的な効果も得られないでしょう。

その時だけモチモチ・プリプリとするだけで根本的に変わることはないです。
そういったことよりも毎日美白化粧品を使うことが効果的なのです。

以上、ビタミンC誘導体でシミを消す美白対策をする方法をご紹介いたしました。
また美白パックは1カ月の間に1週間集中して毎日実行する方が、くすみや無駄な
老廃物を一挙に流せるようです。
お肌に良いサイクルが生まれるので代謝が良くなる生理後から初めてみてください。

美白・シミ 紫外線にはどんな種類があるの?

太陽から私たちの住む地球に降り注ぐ光には、多種多様なものがあります。X線やγ線といったものは、オゾン層が吸収するため、私たちには届きません。

地上に届く太陽光線は、赤外線、紫外線と可視光線という、3つの光線に分類されます。 このうち、紫外線については波長の長さ等により「A」「B」「C」の3つに細分化されます。波長が短いものほど、人間の皮膚への悪影響が大きいため、紫外線のうち「UV-C」と呼ばれるものが最も危険です。

ですが、この「UV-C」というのは実際のところ、殆ど地上までは届いていないものです。しかし、近年の環境汚染や地球温暖化等による「オゾン層破壊」によって、標高の高い地点等では、この「UV-C」が確認されているという事実もあり、予断を許さない状況になっています。

将来的な脅威となり得る「UV-C」を別にすれば、我々人間にとって最も注意する必要がある紫外線は「UV-B(紫外線B)」です。地上に降り注いでいる紫外線で、最も波長が短い部類に入る「UV-B」は、現在の所最も人間の皮膚に対して危険であるといえます。

白内障や皮膚がんといった疾病の原因は、殆どこの「UV-B」と言ってもいいくらいなのです。

この「UV-B」も、前述の「UV-C」と同じく、オゾン層による吸収で殆ど地上には届かなかったものなのですが、オゾン層の破壊が進む過程で、近年は地上にも届くことが確認されるようになってきています。

お肌の下層組織である、真皮まで届く「UV-A(紫外線A)」と異なり、お肌の表皮部分までしか届かない「UV-B」ですが、その有害性は「UV-A」の100倍から1000倍とまで言われています。

お肌の乾燥やシミ、シワといった影響だけでなく、皮膚がんや免疫力の低下、白内障といった疾病の大きな原因とされています。

「UV-B」が特に強い季節は、やはり真夏の日中等です。充分注意してお肌のケアに努めるようにしましょう。

美白・シミ 日焼けの種類にはどんなものがあるの?

美白・シミに気をつける方々にとって、日焼けは大敵です。日焼けというのは「日光皮膚炎」とも呼ばれ、立派な火傷の1種なのです。軽く見ていると、白内障や皮膚がん、あるいはシワ・シミ・たるみといった症状に繋がるので、充分注意する必要があります。

日光に含まれる紫外線(UV)が照射されることにより、お肌が低温火傷の状態になり、お肌の色が赤くなったり、黒褐色になったりする日焼けですが、症状の出方は個人によって実に様々です。

日焼けには、大きく分けて下記の2つのパターンがあります。

まず1つめはサンバーン(SUNBURN)と呼ばれるものです。これは、「UV-B(紫外線B)」の影響でお肌が「赤く」なっている状態です。

この状態は紫外線を浴びた数時間後から2日後くらいまで続き、その後、後述する「サンタン」に移行します。紫外線を浴びた量が多いと、赤みに加えて痛みや水ぶくれといった症状も併発してしまいます。

このサンバーンの状態から、お肌が「黒褐色」になる状態をサンタン(SUNTAN)と呼びます。紫外線を浴びてからある程度の期間(2日~1週間程度)が経過した後に、この状態に移行する事が多いです。

しかし、紫外線を浴びるとなぜ皮膚が赤くなったり、黒褐色になったりするのでしょう。 人間の体は、紫外線を浴びることにより血管が拡張し、血流が増えることによって赤くなります。紫外線を浴びたことで遺伝子が損傷した場合も同じく血管が拡張します。

また、紫外線を浴びることにより、人間の皮膚では「メラニン色素」という細胞が生成されます。このメラニン色素の影響で色素が沈着して、お肌が黒くなってしまいます。

さらに紫外線の量が多い場合、前述のメラニン色素が生成され過ぎてしまい、結果「シミ」という症状になってしまうのです。

このように紫外線が人間の皮膚・身体全体に与える影響は非常に大きいのです。紫外線に対する注意・予防を怠らないように注意しましょう。